スタッフ

原口ますみ:オーナー (S56.6.26)

性格:ポジティブ、好奇心旺盛、せっかち

好き:動物、自然、たまに行く賑やかな都会、読書、食べること、
カフェラテ、明太子、カレー、フルーツ、野菜、チョコレート

一言:明るく楽しく笑顔がモットー!
サンキューに来る目的はお客さんによって様々。
思う存分寝たい人や色々と話したい人。
「とにかく気持ちよく」「緊張せずにリラックス」etc・・・
ただ髪を切ったりするだけではなく、お客さんの落ち着ける場所や
元気になれる場所であるように心がけてます。
人が大好きな私は、日々のお客さんとの時間で元気をもらっています。

サンキューを継ぐまでのヒストリー

両親の代から続くサンキューは、深川の地で創業し50年になります。
私が店を譲り受けてからは8年です。
今でこそ、毎日楽しくお客さんと接してますが、実は昔は接客業が大嫌いでした(笑)
小さい頃から、赤面症でかなりの引っ込み思案。
3人兄妹の真ん中で育った私は、それはそれは手がかからない大人しい子供だったそうです。(今とは大違い笑)

自分の意見をはっきり言えない性格だったので、高校生の頃うどん屋さんで働いてたのですが、辞めたいとも言えず、気づけば3年半も働いてました。
シフトも断れず、放課後は友人と遊ぶ時間よりもバイト三昧の日々(笑)
入店当初は毎日スタッフルームに呼ばれては
「声が小さい」「もっと元気に挨拶して」と言われてました。
その3年半で接客の基本を叩き込まれ、同時に野菜の下処理やいなり寿司の作り方も
叩き込まれました。今となってはとても感謝してます。
当時のうどん屋さんのオーナーは、今、サンキューにカットに来てくれます。
自分の成長を見てもらえてる様で嬉しいです。

子供の頃はとにかく好奇心旺盛でした。
生まれつきひどい左利きだったらしく(ほとんど右手を使わない子供だった)
それを直す為に6歳で習字に通いだしたのをきっかけに、色んな事に興味深々!
習字6年・テニス6年・水泳3年・フルート2年・英会話に公文にと習い事ばかり。
さすがに柔道とモーグルはやらせてもらえませんでした(笑)

好奇心旺盛で色々トライしてハマると一直線。
でも、一番になりたいとかそういう想いはなくて、自分の中で満足出来ればOK。
中間子の特徴?なのか、負けず嫌いな感情がほとんどなく人と比べるよりも自分の世界の中で生きてる感じでした。

中学に入ってからは、陸上部一本でトレーニング漬けの日々。
あんなに続けていた習い事は、何の未練もなくあっさり辞めました(笑)
(たまたま)強豪校だった事もあり、とにかく厳しい練習の毎日。
今では考えられない体罰も普通の環境でした。
お陰で中学生で腹筋が6コに割れるという肉体に(笑)
その当時の苦楽を共にした友人とは今でもいい関係が続いてます。
怖かった顧問の先生も恩師と呼べる貴重な存在です。

高校卒業後は、就職も進学もせずに5年間もぷー(笑)
CM制作会社で働いてみたり、薬局や病院の売店などなど。。

商業高校に通って、秘書やら電卓やらワープロなどの資格をとったにも関わらず
事務系の仕事にもつかず。

そんな私がなぜ両親の床屋を継いだのか?
きっかけは本当に単純。
高校を卒業して5年も定職につかずバイトの毎日だった時ふと母に
「床屋は良いよ〜自分で店をやれば働く時間も自由だし、お給料も自分次第」
↑たったこの一言で、「そっか」と深く考えずに理容師の道へ。
アホですねー(笑)
でも、今考えると良い選択をしたなと我ながら思います。

母からは良い話しか聞かされてなかったので、アシスタント時代の大変な時期は
「話が違うー」とも思ってましたが、不思議と辞めようとは思いませんでした。
陸上部時代の厳しい毎日で鍛えられた根性のお陰なのか、あの経験のお陰で大概の
事は乗り越えられてます。

理容の道に入ったのが遅かったくせに特に焦ることもなく、マイペースにやっていて
アシスタント時代、先輩に毎日怒られながら練習してました(笑)

そんなこんなで他店で4年程働きながら、免許を取得して実家に戻りました。
普通は10年位下積みがあって独立するパターンがほとんど。
4年で実家を継ぐのはかなり異例です。
理由は簡単。
「サンキューの経営が悪化して潰れそう」だったから(笑)

まともにカットも出来ない状態で実家を継ぎました。

そこからは、技術も経営もほとんど独学で色んな本を読みあさったり
講習会や勉強会に行きまくって今があります。
出会いにはとても恵まれていたので、色んな人にアドバイスをもらったりしながら
気づけば8年経ってました。

お陰様で、サンキューも軌道に乗り毎日忙しくさせてもらってます。
あれだけ嫌いだった接客業もいつの間にか「とても楽しい」と思うようになってました。
お客さんの「笑顔」や「ありがとう」「元気になった」「心まで軽くなった」
「スッキリした」「癒された」etc・・・
たくさんのうれしい言葉に出逢うたびに、この仕事って素晴らしいなと感じてます。
お客さんをはじめ、色んな方との出会いや関わりのお陰で今の私があります。

昔から変わらないのは
「まずはやってみる」
「言い訳をしない、覚悟する」
「なにか、だれかのせいにしない」
「人と比べない」
「自分がされて嫌なことはしない」
「自分の直感を信じて何ごとも楽しむ」
この想いはずっと変わらずに今があります。

これからも、お客さんの「笑顔」や「ありがとう」にたくさん出逢えるように、
真剣に真っすぐに、日々楽しく学びながら、サンキューに来て下さるお客さんに
少しでも喜んでもらえるような、元気になってもらえるような
お店でありたいと思ってます。

田子さおり:シェービスト・エステティシャン  (S59.1.24)

性格:おっとり、楽観的、忘れっぽい、頑固

好き:マッサージ、寝る、料理、動物、ネットショッピング、ミルクティー、甘いもの、   食べること、甘栗

一言:マッサージやリラクゼーションメニューがとにかく大好きです☆
施術中にお客さんが寝てくれると心の中でガッツポーズしてます(笑)
ご縁があってサンキューに来て頂いたお客さんには、とにかく全力で
心を込めて施術させてもらってます♪
よく驚かれますが4人の子供の母です!
子育てと仕事とでめまぐるしい毎日ですが、マイペースに楽しくやってます☆
家族との時間を大切にしたいので
夕方は5時までの勤務、月に一度日曜はお休みを頂いてます。
(最近は姉に残業を強い要られ5時に帰れる事はほとんどありませんが笑)

サンキューを継ぐまでのヒストリー

高校を卒業後、18歳で結婚し19歳で長男を出産しました。
それからは2年ごとに出産。
25歳で4人の母になりました。
が、人生山あり谷ありで27歳でシングルマザーに!!

まだまだ手のかかる子供達を抱え、色々な面接に行きましたが、やはり
「子供がたくさんいると休みがちになっちゃうよね?」と断られまくりの日々でした。

そんな中、近所のスーパーのレジの仕事に採用されました。
私は昔からレジ打ちなどの単純作業が好きで、高校生の時もコンビニやスーパーのレジで
アルバイトしてました。
接客業も好きで、ファミレスや居酒屋でもバイトしました。
しかし、飽きっぽい性格で習い事やアルバイトが長続きせず、「責任」や「苦労」が
大キライな私は、少しでも嫌なことがあるとすぐに逃げるダメ人間だったのです。
ありがたい事に、このスーパーは仕事場の環境も良く、一緒に働く人たちも優しかったので毎日楽しく仕事させて頂いてました。

が、やはり子供4人を育てる為にはバイトの収入だけではとても苦しい日々でした。
仕事を探してはいましたが、子供達がまだ小さく、体調も順番に崩したりと、
正社員で雇ってもらうには難しい状態でした。。

そんなとき母から「まみちゃんと一緒に店で働けば?」と言われ、それまで考えたことも
なかった「理容師」という仕事を初めて考えました。

なんとなく理容学校のホームページを見てみると、東京都が行っている「理容師資格取得促進事業」というのを見つけ、対象者の条件にもしっかり当てはまり、応募もギリギリ間に合いました!
これも何かの縁と思い、応募し、そこからトントン拍子に入学が決まりました。

バイトも続け、サンキューでも少しづつ手伝いをしながら、3年間通信で学び(バイトは途中でやめました)、2回国家試験に落ちましたが、3回目で無事理容師免許取得!
(実技は毎回合格してましたよ笑)

しかし私、学校の初めての授業で指をバッサリ切ってから、ハサミがとても怖くて仕方ありませんでした。理容師なのに、カットが大の苦手なのです(笑)
そして、人の髪や肌に触れることにとても緊張してしまい、最初はお客様に触れるだけでもお腹が痛い日々でした。

姉に仕事を教えてもらいながら、子供達も少しづつ成長し、講習会にも参加できる時間が
できてきました。

そんな中、姉に言われるがままに連れて行かれた講習会で、生まれて初めて「女性のお顔そり」を体験する事に!
そこで姉に「カットが苦手なら顔そりで頑張りなよ」と言われ“ハサミを持つよりは・・”
と、女性のお顔そりアカデミーに通い始めました。

最初は何も分からず、ただただ緊張ばかりの私でしたが、一緒にアカデミーを受講していた先輩理容師さんたちの優しさや人柄が大好きになり、みんなで休日に集まっては勉強会をしたり、毎月お肌の勉強会にも参加していくうちに、緊張よりも楽しさの方が勝るようになっていました。
同時に、毎月お顔そりを続けてる自分の肌が変わり、人から褒められる事が多くなり、
どんどんお顔そりやスキンケアの大切さを身にしみて感じるようになりました。

これからも、少しでも多くのお悩みに寄り添えるように、キレイのお手伝いが出来るように、リラックスして頂けるように、サンキューに来て良かったと思って頂けるように、日々勉強を重ねていきたいと思います。


アーカイブ